トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

ジャパンカップ

第29回ジャパンカップ。

近年は、日本馬が海外馬を圧倒している。明日はどうなるだろうか。

今のところ人気は、GⅠ7勝目を狙うウォッカ、BCターフ勝ちのコンデュイット、昨年の覇者スクリーンヒーロー、長距離向きのオーケンブルースリ、秋華賞を制したレッドディサイア。

このあたりが人気を集めているところか。

この5年の勝ちタイムは

2:24.2      2:22.1      2:25.1        2:24.7        2:25.5(すべて良馬場)

明日はあいにくの午後から雨模様。時計がかかる馬場になるかもしれない。

海外馬にもチャンスが出てくる可能性も。

しかし、いくら力がいる馬場になったとしても、欧米にくらべたら瞬発力が必要とされる日本。

タイム的にコンデュイットくらいしか有り得ないだろう。

そうなった場合、オーケンブルースリを押したい。

昨年このレースで差のない5着。4歳になって、去年より力が増していることは確か。

内田博の騎乗に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<回顧>人気薄でも重賞馬・・・

一番人気アルティマトゥーレ。

スタートもよかったが、うちからグッドキララ、外からセブンシークィーンがハナを奪いにいく。

これにつられて、最初に脚を使ってしまったのだろうか。

4角をまわるところで先頭に立ち、伸びず。8着に敗れる。

プレミアムボックスは、後方に待機で、先に抜け出したレディールージュを

首差かわして、1着でゴールイン。

休み明け3戦目。調子があがってきていたのだろうか。

重賞3勝目。人気薄でも重賞2勝はだてではない。

ポイント:人気薄でも、同距離で重賞を2回勝っているのは注意が必要。

| | コメント (0)

今日の結果

<○直馬>

東京7R 13番 ジェネラルノブレス 14着 不的中

東京10R 8番 エックスダンス 2着 的中

<今日の勝負R>

京都10R 11番 ケイアイアストン 5着 不的中

勝負レースと考えていた京都10Rは、前に行く馬が多く、やはり後ろから届く形になってしまった。

先行勢が多いときは、1200Mでも後方待機の差しが決まる。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈○直馬〉東京10R

8番 エックスダンス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈○直馬〉東京8R

13番 ジェネラルノブレス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都10R

京都10R

11番 ケイアイアストン

ハンデ戦ではあるが、56kgと前走より1kg軽くなることや

右回り2・1・3・0と安定している。

前走では、ルミナスハーバーに負けているが、今回は直線が短くなる分

前にいくことができれば逆転は可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

JC枠順決定

1-1 アサクサキングス(牡5、岩田康誠・大久保龍志)
1-2 ネヴァブション(牡6、北村宏司・伊藤正徳)
2-3 エアシェイディ(牡8、後藤浩輝・伊藤正徳)
2-4 エイシンデピュティ(牡7、戸崎圭太・野元昭)
3-5 ウオッカ(牝5、C.ルメール・角居勝彦)
3-6 レッドディザイア(牝3、四位洋文・松永幹夫)
4-7 ジャストアズウェル(牡6、J.ルパルー・J.シェパード)
4-8 マイネルキッツ(牡6、松岡正海・国枝栄)
5-9 リーチザクラウン(牡3、武豊・橋口弘次郎)
5-10 オウケンブルースリ(牡4、内田博幸・音無秀孝)
6-11 マーシュサイド(牡6、J.カステリャーノ・N.ドライスデール)
6-12 シンティロ(牡4、G.モッセ・R.ハノン)
7-13 ヤマニンキングリー(牡4、柴山雄一・河内洋)
7-14 インティライミ(牡7、C.スミヨン・佐々木晶三)
7-15 インターパテイション(セン7、D.コーエン・R.バーバラ)
8-16 コンデュイット(牡4、R.ムーア・M.スタウト)
8-17 コスモバルク(牡8、五十嵐冬樹・田部和則)
8-18 スクリーンヒーロー(牡5、M.デムーロ・鹿戸雄一)

今年は、海外から5頭が参戦。

そのなかでも注目は、BCターフ優勝のコンデュイット

実績は申し分ない。ただ、BCや凱旋門賞を勝った馬が参戦して、JCに来た馬は

コタシャーンにしろ、モンジューにしろ、いいところを見せていない。

激戦のあとのJC。

いくら力があったとしても、調整が万全でないと勝てないレースともいえる。

パワーが必要とされる欧米の馬場と違い、切れ味勝負の日本の馬場に対応できるかと

いうこともいえる。

疲れが残っているようならば、消しでもいいだろう。

注目のウォッカ。

ダービーで東京の2400Mを制しているが、明らかにこの距離は長い。

一昨年4着、昨年3着と実績はあるものの、去年ほどの勢いがない。

武豊→ルメールに乗り換えも、マイナスはないにしろ、プラスに働くかどうかは疑問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週の結果

東京10R 銀嶺S  コンティネント  5着 不的中

道中、4・5番手追走し、4コーナーに差し掛かるまで、いいポジションにつけていたものの

坂になり、失速。。。

東京 7R ハシルヨミテテ 6着 不的中

東京 8R ダノンマイスター 6着 不的中

京都12Rメイショウセンゴク 7着 不的中

うーん、なかなかあたらないもんだ。

マイルCS

カンパニー 1着  キャプテントゥーレ 4着 スマイルジャック 6着

スズカコーズウェイ 16着

 スタートして、うちからキャプテントゥーレがでていくも、そとからマイネルファルケがハナを奪う格好でレースが展開された。

引退レースの1番人気カンパニーは、先団から中団の内側につけるポジション。

前半3F34.8秒で、次の1Fが坂があるとはいえ、12.4秒かかっている。

明らかに前残りのペースになった。

小雨が降り、荒れている内よりも馬場のいい外が伸びると判断し、各馬が外にいくことで

カンパニーの進路は、必然とあいた。

こうなれば、末脚が持ち味のカンパニーにとっては勝ったも同然。

8歳でG1連勝は、見事である。引退を勝利で飾り、今年の年度代表馬もあるかも。

逃げたマイネルファルケは、内にいって2着を確保。

出走がギリギリにできた馬が連に絡んでくる。競馬は、これだからわからないところがある。

4着のキャプテントゥーレは、2番手追走と絶好の位置取りだったが、

外にいき、粘ることができなかった。

終いの脚がないが、競り合う形ならば、この馬の良さもでてくるだろう。

しかし、骨折明けて4戦こなしたが、これ以上に成長する余地があるかは疑問だ。

アブソリュートは、上がり最速の33.0秒も、この展開では6着が限界。

マイルは強いが、GⅢどまりの馬といった感じか。

それにしても、マイルCSでこのタイムは・・・。

3歳世代から強いマイラーがでることを期待したい。

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

京都12R

メイショウセンゴク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京8R

ダノンマイスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京7R

ハシルヨミテテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

マイルCS

今週のG1は、マイルCS

ここに書き始めても、なかなか当たらず。。。

もっと研究が必要だな~とつくづく感じています。

気を取り直して、明日はとるぞ!!

ということで予想してきます。

2004年 デュランダル  1:33.0  12.1 - 11.2 - 11.6 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 11.4

2005年 ハットトリック  1:32.1  12.2 - 10.6 - 11.4 - 11.5 - 11.4 - 11.5 - 11.3 - 12.2

2006年 ダイワメジャー 1:32.7  12.3 - 10.6 - 11.1 - 12.0 - 11.5 - 11.6 - 11.2 - 12.4

2007年 ダイワメジャー 1:32.7  12.6 - 10.6 - 11.2 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 11.3 - 11.9

2008年 ブルーメンブラット  1:32.6  12.5 - 10.6 - 11.3 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 11.6 - 11.7

G1ともあって、タイムは1:32~33で決まる。

速い時計に対応できる馬でなければならないだろう。

過去5年、ダイワメジャー以外は、上がりタイム最速で優勝している。

天皇賞組・スプリンターS組の活躍が目立つレースで

それ以外だスワンSからの3着に食い込むのが目立つ。

天皇賞秋 4-4-2-18

スプリンターS 3-0-1-7

スワンS 0-1-6-37

カンパニーは、天皇賞秋→マイルCSでローテは、去年同様。

今年は、チャンピオンとして1番人気で臨むが、年齢が8歳でどうか。

ラストランを最速で駆け抜けてもらいたいが。

カンパニー

キャプテントゥーレ

スマイルジャック    の天皇賞組と

スズカコーズウェイ のスワンSからのローテに期待して明日のレースを見ることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京10R

今日は

10番 コンティネント

で勝負

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

エリザベス女王杯

ここは、16番ブエナビスタが本命で間違いないだろう。

京都の外回りになり、最後の直線が長くなった点や

外枠なので、もまれずに外から一気の差しが届くことが予想できる。

現在2番人気のブロードストリートは、秋華賞で上がり3F34.3秒と

ブエナと同タイムである。最後の伸びは、対抗できると考えてよさそう。

外国馬のシャラナヤは日本の芝にあうかどうかが問題。

鞍上はルメールなので、うまくやってくれそうな気もするが・・・

3歳馬で斤量が54kgなのは○。

カワカミプリンセスもやはり怖い。

勝ち星から遠ざかってはいるものの、G1馬。

去年の勝ち馬リトルアマポーラも同様に怖い存在。

穴にあがるなら、ニシノブルームーン。

基本的に単勝と複勝で勝負だが、ブエナの2着ということもありえる。

今回はワイドで

16ブエナビスタ→5リトルアマポーラ

           8カワカミプリンセス

           10シャラナヤ

           14ニシノブルームーン

で勝負。

| | コメント (0)

福島の予想

福島10R 9番 ウスイ(18.4倍、8番人気)

福島11R 9番 ショウサンウルル(5.8倍、2番人気)

福島12R 2番 グローリーシーズ(10.9倍、8番人気)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続いて、京都の予想

京都8R 2番 ダノンパッション(1.5倍、1番人気)

京都9R 2番 トモロポケット(3.2倍、1番人気)

京都10R 4番 フォーティファイド(5.9倍、2番人気)

京都11R エリザベス女王杯に関しては、他のところで書きます。

京都12R  9番 ピュアマリーン(9.8倍、5番人気)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の後半レースの予想

単勝と複勝で勝負していくので、基本的にどのレースも1頭に絞って

予想していきます。

まずは東京から。(現在の単勝倍率・人気 )

東京8R  5番  クーデグレイス (1.3倍、1番人気)

東京9R  14番  ゴールドジャパン(35.7倍、9番人気)

東京10R  12番  ダイバーシティ(5.2倍、3番人気)

東京11R  11番 フライングアップル(7.5倍、2番人気)

東京12R  9番 アドマイヤマントル(10.9倍、8番人気)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京7R

ここは、上位3頭の争いになりそうだ。

2番アポロラムセス

5番スカーレットライン

9番カラメルマキアート

この中で、2番アポロラムセスを単複で勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

東京10R

今日の勝負は

東京 10レース

8番 シビルウォー

昇級だが、このクラスで2着の経験がある点。
東京のダートも2・3・0・1も相性がいい。

ここなら単勝+複勝でいけるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

京都8R

今日の勝負は

京都 8レース

5番 ミコノス

前走は、1番人気ながら10着に敗退。
しかし、近走安定している点や
4番人気になっていることから、
妙味があるのではと判断。

これを単勝と複勝で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年12月 »