回顧

2011年11月 9日 (水)

【番外編】川崎競馬~その4~

なんとか写真も撮れて、マイナスにしない競馬を心がけたので
交通費くらいしかならないがプラスで終了。
 
 
地方競馬は情報が少ない(自分自身が知らないだけですが…)、
馬の質が中央に比べ劣るので、判断基準になるのは
 
・パドック
・騎手

 
この2点が重要だと判断しています。
 
 
現在のリーディング
南関

順位 騎手名 所属 騎乗回数 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率
1 戸崎圭太 大井 1,242 259 180 133 670 20.90% 35.30%
2 御神本訓史 大井 1,242 189 154 129 770 15.20% 27.60%
3 森泰斗 船橋 1,237 138 159 129 811 11.20% 24.00%
4 的場文男 大井 983 124 104 109 646 12.60% 23.20%
5 真島大輔 大井 1,071 122 117 117 715 11.40% 22.30%
6 今野忠成 川崎 989 119 101 106 663 12.00% 22.20%
7 坂井英光 大井 959 105 116 97 641 10.90% 23.00%

川崎競馬場

順位 騎手名 所属 騎乗回数 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率
1 戸崎圭太 大井 311 63 41 31 176 20.30% 33.40%
2 御神本訓史 大井 349 55 60 37 197 15.80% 33.00%
3 今野忠成 川崎 314 44 40 32 198 14.00% 26.80%
4 森泰斗 船橋 294 36 32 23 203 12.20% 23.10%
5 山崎誠士 川崎 358 35 40 48 235 9.80% 20.90%
6 酒井忍 川崎 251 34 20 24 173 13.50% 21.50%
7 真島大輔 大井 263 29 28 26 180 11.00% 21.70%

 

11/8までのリーディング。
当たり前のことですが、リーディングに乗っているということは
馬券に絡んでいること。
 
昨日のレースでも実に10レース中、9レースで上記に出てくる騎手が
2人以上馬券に絡んでいました。
 
単純に狙うのもひとつの手です。

 

 
 

 
★メルマガ『単勝+複勝の競馬』★

データとサインに基づき、レースを判断していく「単勝+複勝の競馬」。
単勝、複勝のみならず、軸馬発見に最適です。
お申込み初月は無料になりますので、是非お試しください。
 
 
購読方法はこちらをご確認ください。
 

ケータイ版  購入する! 

PC版    購入する! 

 
人気ブログランキングへ  

クリックしてくださると励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【番外編】川崎競馬~その3~

6R
そろそろ当てたいところ。ただ焦りは禁物と言い聞かせながら競馬。
逃げそうなのは、2番・6番・8番あたり。
2番は動きが堅いが、内枠からということで馬券に。加えて父サウスヴィグラスなら買い。
6番は3カ月ぶりのレースに加え、入れ込みが半端ない。却下。
戸崎の人気馬なら堅い8番。
3番は早い上がりを連発。
 
結論:2番、3番、8番
 

馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 2 2 フェイスドア セ3 56 496kg 8 今野忠成 高月賢一 01:29.5 - 39.5 1-1-1-1 6
2 8 12 パワーフォーワード 牡3 56 506kg -7 町田直希 松代眞 01:29.9 2 38.9 12-10-7-5 9
3 6 8 トーアウィンザー 牡3 56 496kg -2 戸崎圭太 齊藤敏 01:30.3 2 40 3-3-3-2 1
 
2-8 700円
 
 
7R
明らかに消せるのは5頭ほど。あとはどれがきてもいいのではというメンバー。
3・4番あたりが前でレースをできそう。4番は連勝中の勢いは外せない。
7・8番あたりも中央で好走した経験を持ち、南関にきて馬券に絡んでいる。
 
結論:4番・7番・8番
馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 6 9 ニチリンローレル 牡3 56 482kg -4 真島大輔 武井榮一 01:43.2 - 39.1 7-9-1-2 1
2 8 13 ダイシノキボウ 牡3 56 477kg 2 御神本訓史 内田勝義 01:43.5 1・1/2 39.4 6-6-2-1 3
3 3 3 ヒュースケン 牡4 56 471kg -7 A.ムンロ 福島秀夫 01:44.1 3 39.9 4-4-6-5 5
 
 
 
8R
またしても先行したい馬が多いレース。
中央からの参戦もあり、難解。
3番は名古屋で先行して勝ちを収めている。南関でも通用するか。
6番は逃げで、いったいったの競馬しかできないが、B2B3クラスでも可能性があると判断。
8番はこのクラスで好走もあり森Jとコンビなら、軸候補。
迷ったのが9番。先行力はあるが、前走からマイナス22キロ。パドックの気配も×。
 
決論:3番、6番、8番
馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 7 8 プラチナタイム 牡5 55 465kg 12 森泰斗 佐々木仁 01:28.5 - 39.4 6-6-5-6 2
2 5 5 リバービバップ 牡3 55 456kg 7 水野貴史 山本学 01:28.7 1・1/2 39.8 4-3-4-3 1
3 8 9 ナイキヴァザーリ 牡6 57 488kg -22 佐藤裕太 川島正行 01:29.1 2 40.4 3-4-1-1 6
 

反省:上位のクラスで逃げている馬は、先行力があるとみるべき。
    (9番は前走、前々走が重かったため、マイナス体重に気をとられた)
 
 
9R
5番は450キロ程度だが大きく見せていて、毛づやもいい。
8番は人気になっているが、中央から移っていきなり勝利をしている。
先行力もあり、前走のような競馬ができれば。
戸崎Jの乗る馬は、そろそろくるのではと7番も馬券に。
 
結論:5番、7番、8番
  
馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 7 9 [J]スタールーセント 牡6 57 494kg 8 [J]柴山雄一 中野栄治 01:44.3 - 38.8 4-5-4-4 5
2 7 8 ジョーシンドバッド 牡5 55 506kg -3 御神本訓史 小久保智 01:44.5 1・1/2 39.1 3-3-1-4 1
3 6 7 [J]スナークサークル 牝3 55 452kg -8 戸崎圭太 野中賢二 01:44.7 1 39.3 1-1-3-1 7

 
7-8 740円
 
 
10R
本日のメインレース。1番は人気がないが、戸崎なら…の期待。
逆らって痛い目を見るよりは信じたほうがいい。
 
内のほうから逃げれそうなのは、2・3・6番あたり。
中央のダートで先行できるならここでもの思いから2番。
川崎・船橋と連勝中で、先行力のある3番も候補。
 
6番は本橋Jが人気馬でも来ていないことから消し。
 
13番も安定した成績を残しており気になるが、外枠を嫌い消し。

結論:1番、2番、3番 
馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 7 10 トウカイパスカル セ3 56 484kg 16 酒井忍 八木仁 01:34.7 - 40.2 6-6-3-4 3
2 8 13 ネオカーニバル 牝5 54 449kg 4 山崎誠士 武井榮一 01:34.7 ハナ 40.9 1-1-1-1 6
3 3 3 テイエムゴッタマシ 牡4 56 458kg ±0 森泰斗 渋谷信隆 01:35.2 2・1/2 39.3 10-10-9-6 2

 
  
 
 

 
★メルマガ『単勝+複勝の競馬』★

データとサインに基づき、レースを判断していく「単勝+複勝の競馬」。
単勝、複勝のみならず、軸馬発見に最適です。
お申込み初月は無料になりますので、是非お試しください。
 
 
購読方法はこちらをご確認ください。
 

ケータイ版  購入する! 

PC版    購入する! 

 
人気ブログランキングへ  

クリックしてくださると励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【番外編】川崎競馬場~その2~

写真はもちろんとりましたが、馬券もとらないことには。

なかなか挑まない競馬場。
ある程度の傾向を調べてからではないと、投資損になってしまう。
 
 
川崎競馬場
Gpcourse
nankankeiba.comより
 
 
1周が1200mの小回りコース。
直線が300mと中山競馬場ダートコースとほぼ同じ距離。
高低差がないが、深いダート。
 
 
昨日は、1400m・1500m・1600mの3つの距離が行われたので
その傾向も把握しておく必要あり。
 
 
1400m
直線200m地点からスタート。1コーナーまでの距離が短いので
内枠の先行馬が有利。
 
1500m
直線300m地点からスタート。内・外の不利は少ない。
ハイペースになると後方からの差しも決まりやすい。
 
1600m
4コーナーポケットからスタート。内・外の不利は1500m同様少ない。
ペースが落ち着きやすく、先行馬に有利。
 

一通りの傾向は掴んだので、あとはパドックをみて
気配のいい馬をチョイスすればオッケー!!
 

 
 
 
目的はあくまで写真で、馬券はそこそこなので
【負けない競馬】をモットーに検討していくことに。
 
・馬券は、すべてワイド。
・3頭に絞って、同額で勝負。
  

 
 
1R
8頭立てと小頭数のレース。
基本に忠実。逃げ馬・パドックの気配の良かった馬をチョイス。
 
結論:2番、5番、8番
 

馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 8 8 コーヒールンバ 牝2 54 400kg ±0 酒井忍 深野塁 01:32.7 - 39.9 2-2-2-2 5
2 5 5 トキノマンゲツ 牝2 54 439kg -4 真島大輔 八木正喜 01:32.8 クビ 40.1 1-1-1-1 1
3 2 2 ソウブエアジス 牝2 54 426kg 2 山崎誠士 山崎尋美 01:33.0 1・1/2 39.9 5-5-4-3 2

 
5-8 390円 2-8  790円 2-5 160円 3点的中
 
 
 
2R
1レースで気持ちはよくなったものの、今日は控えることを言い聞かせながらの勝負。
1番は太めだが気配がよく、脚の運びもスムーズ。
2番はゆったりと歩いていて、出来も上々。
あと1頭が外枠の3頭。8番はこれまでの3戦すべて先行している。10番も逃げて前走3着。
ただ、9番の気配がよく見える。9番人気ながら、狙ってみるのもおもしろい。
 
結論:1番、2番、9番

馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 1 1 ウインタークイン 牝2 53 444kg -6 ☆伊藤裕人 原三男 01:32.3 - 40.3 1-1-1-1 5
2 2 2 ポッドマックス 牡2 55 456kg 1 山崎誠士 八木正喜 01:32.5 1・1/2 40 5-3-4-3 1
3 8 10 ブルーイチジョウ 牝2 54 419kg 2 真島大輔 内田勝義 01:32.6 クビ 40.5 2-2-2-2 4

1-2 460円 的中
 
 
反省:1400mは先行馬有利。外枠でもスタート決まれば問題ない。
 
 
 
3R
14頭立てのフルゲート。馬柱からは1番が先行でき、地方に移ってからも2着2回。
ねらえそうだが、あくびをして気が抜けている。
ほかの馬も似たり寄ったりで、パドックではこれといって目立つ馬はいない。
なら中央からきた初ダート、地方初参戦馬にかけてることに。
 
結論:1番、9番、11番

馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 4 6 コウギョウバード 牡3 56 458kg 4 真島大輔 佐々木仁 01:36.7 - 40 10-8-7-5 4
2 3 3 ケイアイゼウス 牡3 56 505kg -4 藤江渉 岩本洋 01:36.7 ハナ 40.6 3-3-4-3 6
3 7 11 キャプテンダリア 牡3 56 506kg 2 山崎誠士 山崎尋美 01:37.0 1・1/2 40.2 11-11-8-9 3

 
 
反省:初ダートは気にしておくべき。中央でダートもダメなら外す選択も。
    ペースが速く、外差しが決まる展開もある。
 
 
4R
3レース同様、1500m戦。差しが決まる可能性もあると上がりの早い馬も検討。
気合いが入っており、先行して前走も勝っている14番がよくみえる。
2番も上がりはコンスタントにいいタイムを出しているので人気薄の好走に期待。
10番は芝レースで2番手からの競馬をしてきていることに注目。
 
結論:2番、10番、14番

馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 3 3 フラグラーレ 牝3 54 460kg -4 今野忠成 佐藤賢二 01:36.1 - 39.6 5-3-4-2 6
2 5 8 スルガセシボン 牝3 54 478kg 1 張田京 佐々木清明 01:36.5 2 40.2 1-1-1-1 5
3 3 4 カネトシスインガー 牡3 56 501kg -1 酒井忍 佐々木仁 01:36.8 1・1/2 40.3 6-6-5-5 3

 
 
5R
1400m戦。今回も先行馬に注目と行きたいところだが、近5走3・4コーナーを4番手以内で
走ってきた馬が、12頭中9頭となかなか絞れない。
基本の内枠先行でいこうとすると、2番3番あたりか。
ただ2番はこれまで1勝とこのメンバーではと見劣りするところ。
加えて、予想屋のおっちゃんの声が3番が逃げるだろ…
みたいな声が聞こえてしまって、たしかに3勝も挙げているとなるとこっちだ。
と自分の中で意識してしまった。 

戸崎は、何があっても勝っておいたほうがベターと判断。
パドックの気配がよかった6番も追加。
 
結論:3番、6番、8番
馬番 馬名 性齢 負担 馬体重 増減 騎手 調教師 タイム 着差 上がり3F コーナー通過順 人気
1 2 2 キョウワプレジャー 牝4 54 449kg -8 和田譲治 吉橋淳一 01:30.4 - 40.4 1-1-1-1 9
2 5 6 キクノエクラ 牡4 56 472kg ±0 真島大輔 八木正喜 01:30.4 クビ 39.9 6-6-5-5 4
3 6 7 グランデリファール セ4 56 460kg -1 坂井英光 池田孝 01:30.7 1・1/2 40.1 10-9-5-6 7
 
 
反省:予想屋の声が聞こえたことで意識がそれてしまった。
  
 
 
川崎競馬~その3~に続く


 

★メルマガ『単勝+複勝の競馬』★

データとサインに基づき、レースを判断していく「単勝+複勝の競馬」。
単勝、複勝のみならず、軸馬発見に最適です。
お申込み初月は無料になりますので、是非お試しください。
 
 
購読方法はこちらをご確認ください。
 

ケータイ版  購入する! 

PC版    購入する! 

 
人気ブログランキングへ  

クリックしてくださると励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【番外編】川崎競馬場~その1~

休みだったので、地方競馬をチェックしてみると
本日の開催・・・「川崎」となっている。
 
よし、いってしまおうと即決!!
 
 
2時間半くらいかかるが、まだ温かいしバイクで。
 
 
馬券は久々の川崎なので、写真をとることに集中。
もちろん、全レース参加してしまいましたが。
 
 
Dsc00309  
一瞬をとると、顎を突き出してものまねしているよう
 
 
Dsc00326  
スタート。もうワンテンポ遅く撮影のほうがよかった
 
 
Dsc00349
地方競馬は近くで見れるのが最高
 
 
Dsc00371_4
小さな馬券師
 
 

 

★メルマガ『単勝+複勝の競馬』★

データとサインに基づき、レースを判断していく「単勝+複勝の競馬」。
単勝、複勝のみならず、軸馬発見に最適です。
お申込み初月は無料になりますので、是非お試しください。
 
 
購読方法はこちらをご確認ください。
 

ケータイ版  購入する! 

PC版    購入する! 

 
人気ブログランキングへ  

クリックしてくださると励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

【回顧】天皇賞・秋&JBC

先週の天皇賞は、毎年恒例になりつつある競馬場へ参戦。
今年で4年連続!!
 
狙い目レースを絞っていくべきなのに
ついつい全レースに参戦したくなってしまう。
 
今回は、いつもと違い、ミラーレス一眼を購入。
もう少し待てば、通常値段は下がってくるので、そのときに…
と思っていたところに、タイの洪水。
 
在庫がなくなると、年明けまで生産できないようなので
値段も徐々に高騰し始めると判断。
(実際、価格.comをチェックしていても、かなり上がってきてる)
 
 
馬券同様、レンズ・形状・操作性・携帯性など
さまざまな観点から選んで、ソニーのNEX-5Nを購入。
 
決め手は、センサーサイズと、ピクチャーエフェクトの新機能。
 
 

Dsc00071
1R前に登場したサクセスブロッケン
 
Dsc00082  
ミニチュアモードで撮影
 
 
当ブログでは今回紹介しなかったレースで、収支はなんとかプラス。
馬を写真に収める楽しさができました。
 
 
 
そして昨日は、JBC。
大井競馬場までバイクを走らせ、いざ参戦。
重賞もない日にいったことはありましたが、昨日は
打って変わって、人があふれんばかり。
なんとか席を確保して、競馬&撮影を開始。
 
いつもやらない地方競馬。
南関はこの前いった笠松と比べても難関。
 
いった馬で決まるような馬場では何のと
戸崎人気が半端ないレベル。
 
撮影しつつ、グルメを堪能しつつ、普段買わない
3連単で勝負しつつ、楽しい休日を満喫。
 
Dsc00193  
名物・ジャンボ焼き
 
Dsc00213  
メインレース近くになると人だかり
 



 

★メルマガ『単勝+複勝の競馬』★

データとサインに基づき、レースを判断していく「単勝+複勝の競馬」。
単勝、複勝のみならず、軸馬発見に最適です。
お申込み初月は無料になりますので、是非お試しください。
 
 
購読方法はこちらをご確認ください。
 

ケータイ版  購入する! 

PC版    購入する! 

 
人気ブログランキングへ  

クリックしてくださると励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

南部杯→笠松競馬場

今年は南部杯が東京競馬場で行われるとのことでついつい参戦。
 
岩手競馬の支援ということで、岩手の名物・じゃじゃ麺があったり
さんさ踊りが行われたり、チャグチャグ馬コがきたり。
競馬をしにいったというよりも、観光しにいったような気分に。
 

Dscn0283 
 
Dscn0285  
 
 
 
東京競馬場では初めて内馬場にもいき、なんだかピクニックにきているような気分。
家族連れが多くて、お父さんがなんとか馬券できる、奥さんが子ども連れて行っても
納得できるところで折り合い付けているのかなと感じます。
 
お父さんが子供に対して
「お父さんと一緒に切符買いに行こう」と言って、発券機に連れて行ってる場面も。
 
 
 
 
東京12Rも終了して、いつもなら飲んだり、飯を食べて帰るところですが
次の日も休みということで、「旅打ち」を敢行することに。
 
最近バイクを買ったので、それで乗ってどこかに遠くに出かけたいなぁと
思っていたところに、連休。
 
東京から行ける範囲の競馬場…いったことがなくて開催…
 
思いは笠松に向かっていました。
 
 
長野まで一般道でいき(南部杯でやらかしてしまったので…笑)
そこからは中央道で一気に笠松へ。
 
それにしても寒かった高速道路。
もうすこし年をとったら、むちゃなスピードはださなくなりそうです。
 
Dscn0324   
 
 
初の笠松競馬場で朝から興奮気味。
 
小説で読んでいた風景(オグリの子?だったような)で
土手を超えると競馬場に入らなくてもレースが見れる。
 
パドックが内馬場にある。
(席を移動しなくてみれるのは、すごく楽)
 
パドックのアナウンスが解説つき。
(走る気が全くありませんね~といってしまうくらいの馬も)
 
昭和にタイムスリップしたかのような建物・雰囲気。

 
 
地方競馬の醍醐味、レースの臨場感を味わえる馬の脚音、馬との距離。
地方ならではのグルメ。
 
 
1日堪能して、収支もなんとかプラスになって帰ることができました。
 
 
 
  
地方競馬なので仕方ないでしょうが
Dscn0317  
 
一部分しか発売窓口しかあいておらず、反対側の窓口にいくと
写真のような閑散ぶり。
 
廃止が以前検討されたことがあるように
競馬ファンとしては、やはり悲しい現実でもありました。



★メルマガ『単勝+複勝の競馬』★

データとサインに基づき、レースを判断していく「単勝+複勝の競馬」。
単勝、複勝のみならず、軸馬発見に最適です。
お申込み初月は無料になりますので、是非お試しください。
 
 
購読方法はこちらをご確認ください。
 

ケータイ版  購入する! 

PC版    購入する! 

 
人気ブログランキングへ  

クリックしてくださると励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月31日 (火)

【回顧】東京優駿 日本ダービー

久々の更新です。
メルマガは毎週配信しているのですが、ブログ更新ができず…
5/29(日)のメルマガ結果はこちら
 
 
久々に競馬場参戦してきたので、生で見たダービーの回顧を。
 
 

台風も近づき、金曜日からの雨で馬場は不良。
普段ならやってはいけない時だが、なんといってもダービー。
馬券を買いたい衝動に駆られる。
 
雨のおかげもあってG1なのにすいてるのはラッキーだった。
 
 
注目はなんといっても、ダービーのために来日するデットーリ。
社台の吉田さん曰く、
「彼がのると、5馬身違う」という。
 
 
第2Rから登場して、いとも簡単に勝利を収める。
第3Rでは、レイフザラッキーに騎乗。出足がよくはなかったが
向こう場面でするすると前に先行集団にとりついていく。
4角では、2番手にまで来ており、そのままゴール。
 
 
圧巻だったのは、第4R。
ここまで5戦して掲示板1回しかのったことのないメイショウオオトリを
最後の直線で接戦を演じて、3着まで持ってきてしまう。
 
 
こうなると、ダービーの本命は決まってしまった。
モハメド殿下も来日、デットーリ騎乗。ドバイWCでは
ヴィクトワールが勝った2011年。
これは決まりだろう…外す手はないと判断。
 
 
午後のレースも過ぎていき、ついにダービーの時間。
やはり人も多くなり、競馬場には人と傘がわんさか。
 
なんとかレースを見れる場所を確保し、あとは15:40の発走を待つばかり。
オーロラビジョンにはなぜかメイショウサムソンの映像が多く流れる。
嫌な予感がよぎる…
 
 
まちに待ったスタートの時。
ファンファーレに手拍子をして、テンションをあげて号砲。
 
 
オールアズワンが逃げる展開でレースは進んでいく。
1000mを1分2秒4は馬場が悪いとはいえ、ゆるい流れではある。
 
皐月賞馬のオルフェーブルは後方に控える形。
その前を行くのが◎に押したデモネア。
最後の脚を考えると、オルフェーブルの前につけてるのは絶好の位置。
 
オールアズワンが4角でもある程度リードを守ったまま直線へ。
ここまで内が伸びる展開で、外を回った馬が勝つのはなかったが
その外を選択したのが、オルフェーブルとウインバリアシオン。
(オルフェーブルは最後は内にいったが)
 
 
2頭だけ違う脚を見せつけての勝利。
強さが際立つレースだった。
 
 
デモネアは直線はじけることがなかったは残念だが
「まだ成熟しきっていない馬ですし、思ったよりも馬場がこたえた。」
とデットーリも言っているし、仕方なかっただろう。
  
 

 
昨年のエイシンフラッシュを使うわけでもなく、
レース前にメイショウサムソンの映像が多く流れていたのは
なにかわけがあるのだろうか。

 

 

★メルマガ『単勝+複勝の競馬』★

データとサインに基づき、レースを判断していく「単勝+複勝の競馬」。
単勝、複勝のみならず、軸馬発見に最適です。
お申込み初月は無料になりますので、是非お試しください。
 
  
 
購読方法はこちらをご確認ください。
 

ケータイ版  購入する! 

PC版    購入する! 

 
人気ブログランキングへ  

クリックしてくださると励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

【回顧】弥生賞

3月になり、いよいよクラシック本番に向け
若駒たちが争う季節がきました。
 
 
皐月賞本番は中山2000mで行われます。
その前哨戦として、同舞台で行われる弥生賞は
まさに今年のクラシックを占う意味でも大事なレースです。
 
 
予想をメルマガにて配信した一部を今回特別に大公開!!

 
 
 
===========================  
 
3/6(日)
メルマガ「単勝+複勝の競馬」~一部抜粋~
 
 
弥生賞

◎ 6番 サダムパテック

○ 4番 デモネア



皐月賞への重要な一戦。
ラジオNIKKEI杯組から3頭出走予定だが 
勝ったダノンバラードは、次走の共同通信杯9着。
3着のコティリオンは、きさらぎ賞で8着。
4着のウインバリアシオンもきさらぎ賞で4着。


朝日杯から狙うのがベストだろう。
◎は朝日杯でも僅差の4着。地力が高いのは証明済み。

堅い決着の多い当レースだけに、外せない存在。



○は京成杯で2着。
中山で同距離を経験していることは大きい。

出遅れもなく、4回コーナーを曲がるだけあって
前につけられるのは大きい。
 
 
==========================
 
 

 
結果は、
1着 ◎ 6番 サダムパテック
2着    3番 プレイ
3着 ○ 4番 デボネア
 

2011
 
 
ハナ差には泣いたものの、○には5番人気だったデボネアを推奨。
単勝+複勝を追及していくことで、軸を見つけていくことができます。
  
 
初月は無料なので、ぜひお試しください。
 
 

 

★メルマガ『単勝+複勝の競馬』★

データとサインに基づき、レースを判断していく「単勝+複勝の競馬」。
単勝、複勝のみならず、軸馬発見に最適です。
お申込み初月は無料になりますので、是非お試しください。
 
  
 
購読方法はこちらをご確認ください。
 

ケータイ版  購入する! 

PC版    購入する! 

 
 
人気ブログランキングへ  

クリックしてくださると励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

反省の2歳戦

新潟2歳S・小倉2歳Sは惨敗していまい、メルマガ会員の方・ブログを見てくださった方に
大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 

 
今回の敗因を活かさなければ、次に繋がっていきません。
反省すべきことを洗い出して、次のレースではこの借りを返さねば。
 
 
この2歳重賞を振り返ると
  
 
過去の傾向にこだわり過ぎたことが敗因でした。

 
2歳戦で、データは少ないものの
 
 
8枠は過去8回絡んでいない→中枠が好調。
牝馬優勢、牡馬劣勢。
波乱傾向で、人気馬は×
   
 
など、新馬戦の勝ちあがり方、走りを軽視してしまった結果だと感じています。
 
 
残りの2歳重賞では
前走の走りをより考慮して、予想に反映していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

【回顧】函館SS

<予想段階>
◎にはワンカラット。この馬にとって、絶好の枠。スタートさえ決まればというところか。
前走のCBC賞では久々の1200mだったが、最後は不利を受けている印象。
きっちり走れれば、牝馬にとって成績のよいレースだし、期待できる。
○はアーバニティ。前走は高速馬場の影響もあって、前で競馬をしてそのまま逃げ粘れた
感はあるものの、久々の3着。重賞ウイナーには間違いないし、力を持っている馬。
56kgで出走できる今回はチャンスがあるのでは。

 

1着ワンカラット
今回はスタートも決まり、内枠を存分に活かせたように見えた。
ロスなく馬場の内側を回り、直線もハナを奪い合った馬が失速していく中、
悠々と抜け出して、危なげなく勝利。新馬戦以降、ずっと重賞に出走してきているが
なかなか結果がでずにいた。レコード勝ちは力のある証拠だろう。
サマースプリントシリーズは過去4回実施され、すべて牝馬が優勝していることを考えると
この夏のスプリント路線は、ワンカラットから目が離せない。 

 

2着ビービーガルダン
ハナを奪い合った4頭から離れた5番手を追走。
1200mが得意で、洋芝も得意ときて、実績も抜けている存在。大型馬であっても
鉄砲がきく馬なので狙い目の馬であったものの、59㎏の斤量がネックだった。
4コーナー、ワンカラットと同じ勢いで上がっていったが、やはり斤量差が響いた模様。
レコードと2馬身差なら、まだ衰えはないように見える。
 

3着アポロフェニックス
これまでは、重賞レースになると、イマイチな結果が続いていた。
スタートから押していき、前前で競馬をしようとしていた印象。
3着にはよく来たほうだろう。上位の2頭とは差があるように見えた。
  

5着アーバニティ
最後はこの馬なりに伸びてきていた印象。
自在性のある馬だが、直線の短い函館競馬場。もう少し前で競馬してほしかった。
馬体重が久々に500㎏を切ってきたが、よの影響も少なからずあったのだろうか。

  

人気ブログランキングへ

クリックしてくださると励みになります。

にほんブログ村 競馬ブログへ  

読んでくださってありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧